ライン2 ファイアヘッド
ライン2 ギヨシェ彫り ブルーラッカー
ブルー

ライン2 ギヨシェ彫り ブルーラッカー

ライン2 ギヨシェ彫り ファイアヘッド ブルー純正漆 。ギヨシェ彫りラッカー仕上げ技術。 パラディウム仕上げ。 貴重なを使用した純フランス製ハンドクラフト。

仕様
Ref:
016252
素材:
パラディウム
サイズ:
3,7x6x2x1,1cm
重量:
0.120kg
コメント
非契約の画像
製品のお手入れとレフィル
エス・テー・デュポンのライターは、特に入念なお手入れは必要ありません。製品本来の輝きを取り戻すには、仕上げ加工の種類に関わらず柔らかな布でお拭きください(シンナーなどの溶剤は絶対に使用しないでください)
シルバーメッキの施された部分には、市販の銀製品専用の磨き布をお使いください。純正漆の部分は、眼鏡レンズや宝石と同じようにお手入れします。
表面に息を吹きかけて、柔らかい布で拭いてください。漆は、酸によるダメージをほとんど受けません。非常に硬く、衝撃、ひっかき傷、摩擦、水に対する耐久性に優れています。
お問い合わせ
日本でのエス・テー・デュポン製品のアフターサービスにつきましては、下記アフターサービス部へお問い合わせください。

〒106-0032
東京都港区六本木1-7-27
全特六本木ビルWEST棟3階
アフターサービス部
電話: 03-5549-7420(2)
Fax: 03-5549-7421
営業時間:
月曜日~金曜日 9時30分~18時 (12時30分~13時30分を除く)

Elegance

高級素材をまといピュアなラインを描くコレクションは、このライターをエレガンスのピュアなオブジェへと変身させます。ライターにこだわる人なら一目で分かる、その高級素材と蓋を開く際の有名な「ピーン」という音により、このライターはエス・テー・デュポンのアイコンとなりました。

有名な「ピーン」という音

Ligne 2 ライターは、キャップを開く際のクリスタルクリアな「ピーン」という音が特徴的で、すぐにそれと分かります。 この「ピーン」という音は、1976年にLigne 2 ライターで偶然に生まれました。しかしながら、アフターサービスで受け取るLigne 2 ライターの多くで、持ち主がこの音を完成させようとしてわずかに‘改造’していることに気がついたプロダクションチームは、ついにLigne 2 ライターのデザインも構造も変更しないことに決めたのです。

比類ないノウハウ

極上の高級品を生み出す情熱。デザインアトリエでは、さまざまなアイデアと革新が活気づき、高品質が現実のものとなっています。

ノウハウ
お客様のアイテムをカスタマイズ

Maximum number of characters: 3

Police